車の塗装は種類によって値段が違います

新車を購入する場合、ボディカラーを何色にするか悩む人は多いことでしょう。好きなカラーを自由に選ぶことができるわけですが、イメージカラーに設定されたカラーを選んだり、無難な白や黒を選んだり、また逆に他の人と同じでは面白くないからとあまり走っていない個性的なカラーを選ぶこともできます。ただし、不人気なボディカラーを選ぶと売却するときの買い取りの価格が下がってしまうことがあるので注意が必要です。また、オプションカラーなどは2~3万円割高になっています。とても美しい色合いの場合が多く、少し割り増し料金を払っても良いと思うことでしょう。しかし、なぜオプションカラーは割高になってしまうのでしょうか。それは塗装の方法が他とは異なることが原因となっています。

クルマのボディカラーの基本とは

クルマには様々なボディカラーがありますが、それらは3種類に大別することができます。一つ目はソリッドと呼ばれるものです。これは単色という意味で、他のカラーが混ぜられていません。白や赤などの現職カラーがこのソリッドになります。塗装がシンプルであることから費用も基本的に安くおさえることができます。二つ目はメタリックです。メタリックとはソリッド色にアルミの微粒子を混ぜたもので、光に当たるとキラキラと輝くのが特徴です。シルバーとの相性が良くシルバーメタリックは人気の定番色の一つです。三つ目はパールです。パールとはソリッド色に雲母(マイカ)を混ぜたもので、淡い輝きが魅力です。割高になることが多いのはこのパール系などの何層にも分けて複雑な塗装工程を必要とするものです。

ボディカラーによって査定額が変わる

せっかく新車が購入するのだから、後悔しないように好きなボディカラーを選びたいものです。オプションカラーは確かに割高になりますが、長い目で見ればそれはわずかであり、割り増し料金を支払っても損のない質の高い色を実現しています。将来売却するときも査定にはプラスに働くことでしょう。ちなみにプラス査定が期待できるのは、多くの人が好む万人受けする色で、定番は白や黒ですが、このようなオプション色も査定にはプラス効果がありますので多少高くても後から戻ってきます。それに対してマイナス査定になる可能性が高いのが、黄色や茶色、ゴールドなどです。自分が気にいって乗る分には問題はないのですが、売るときには不人気色ということでマイナス査定となってしまうことが多いようです。